施設のご紹介

施設の種類

特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)
ユニット型福祉施設(全室個室・ユニット定員7~8名)
日常生活で、常時介護を必要としながら、それを受けることが困難な方が入居され、生活される施設です。プライバシーを確保し、ご利用者自身のペースを尊重した生活を心がけております。

定員

127名

設備

居室

全室個室。若干大きさは違いますがどのお部屋も約8畳程度です。

リビング兼食堂

ご自分の居室を出ると、共有のリビング兼食堂となります。

ミニキッチン

リビングごとにあり、ちょっとした調理も行えます。

レクリエーションスペース

3F~7Fには、フリーに使えるレクリエーションスペースがあり、体操やクラブ活動、階ごとのイベント等に利用しています。

免震構造

地下に免震装置を備えた、地震にも安全な施設です。

24時間看護師在中

看護師を24時間配置。管理医3名と連携をとっております。いざという時にも安心です。

食事&食のイベント

食事は、1階の厨房で作っています。
食は大きな楽しみです。季節に応じた、ちょっと豪華な行事食や各地の郷土料理の提供、時には出前を頼んだり、ユニットにあるミニキッチンも利用したり、ユニットごとに食のイベントを企画しています。

行事・アクティビティ

※コロナウイルスの影響で現在開催を見合わせているものもあります。
施設全体の行事としては、例年、敬老会、春&夏(or秋)まつりを開催しています。
各フロアやユニットごとに、季節にちなんだ行事等を企画して行っています。
機能訓練指導員による体操(美竹体操)、園芸クラブ(地下に花壇あり。花苗の手入れと植え替え)、ボランティアさんを中心に、音楽鑑賞(唱歌、懐かしのメロディ等)、メイク&マッサージ、アニマルセラピー(動物とふれあう会)、舞踊リハビリ、傾聴ボランティア、書道、朗読、生け花、保育園との交流会 等を行っています。

看取りケア

終末期と診断された方で、施設で自然な形で最期を迎えたいというご希望がある場合、医療対応や特別な対応は行えませんが、これまでのケアを継続しながら、住み慣れた環境の中で最期までお過ごしいただくことが可能です。管理医と連携をとりながら対応しています。全室個室なので、ご家族も、気兼ねなくお部屋にお泊りいただくことができます。

利用料について

要介護度、お部屋の種類、所得等に応じて利用料金は異なります。細かな点につきましては、相談員にご相談ください。

料金表

料金表
※料金は目安となります

お申込方法

渋谷区内の各特養施設、各地域包括支援センター、渋谷区役所に、区が作成している『特別養護老人ホーム入所希望調査書』を用意していますので、その用紙にご記入いただき、第1希望の施設にお申込みいただくこととなります。
(原則:要介護3以上の方)

お問い合わせ

TEL:03-5464-6800(担当:磯部・矢部・山下・久富)

施設概要・アクセス

ページTOPへ